Menu

症例報告

Home

症例報告

トイ犬種の橈尺骨骨折

2017.12.11
1歳2か月 ポメラニアン
稟告/ソファーから飛び降りて前肢骨折

○疫学
橈骨、尺骨とは前足を構成する前腕部の骨で、これらの骨折はトイプードルやポメラニアンなどの小型犬でよく認められ、抱っこからの落下やソファーからのジャンプといった些細な事故の結果起こるものがほとんどです。
小型犬の橈尺骨骨折はそのほとんどが手首に近い遠位に発生し、外固定法や髄内ピンなどの固定法を単独で用いた場合には癒合不全などの合併症が起こるリスクが高く、特別な症例を除いてはプレート法などの方法で強固な固定をすることが望ましいとされています。

○症例
落下事故により骨折してしまいました。

○手術
・運動の激しいポメラニアンで術後の強度を保つためダブルプレート法にて整復。

○経過
・術後2か月で第1プレートを抜去。
・術後6か月で第2プレートを抜去。
・しっかり骨癒合して、元気に走りまわっています。

橈尺骨骨折
【ご注意】以下のページには手術中の写真が含まれています。あらかじめご了承の上お進みいただけますようお願い申し上げます。
当院へのお問い合わせ