症例報告

症例報告

血腫を伴う脾臓の結節性過形成

2022.01.11
◆ラブラドール・レトリーバー 14歳10カ月 避妊メス
◆稟告 嘔吐および跛行。痛みのためか、座らずに歩き回り、眠れていない。

◆診断
X線検査・超音波検査:腹腔内巨大腫瘤(脾臓)および膀胱結石


◆治療
外科手術 脾摘および膀胱切開


◆診断
脾臓:血腫を伴う結節性過形成
結石:ストルバイト結石

◆経過
術後、各症状の改善を認め良好。
出血は脾臓内に限局したため救命が可能であったが、脾臓破裂を起こした場合は死に直結したと思われる。
また、病理診断は過形成病変であり、完治となった。

【ご注意】以下のページには手術中の写真が含まれています。あらかじめご了承の上お進みいただけますようお願い申し上げます。