症例報告

症例報告

【ご注意】以下のページには手術中の写真が含まれています。あらかじめご了承の上お進みいただけますようお願い申し上げます。

犬の皮下脂肪腫

2021.06.07
◆雑種 8歳 去勢オス
◆稟告 皮下腫瘤が最近になって急速に巨大化。 

◆検査
ニードルバイオプシー(細胞診断)にて脂肪腫を確認。

◆治療
腫大傾向が顕著なため、手術を提案。




◆病理診断
脂肪腫(良性)

◆考察
犬の皮下脂肪腫は中年齢以降の犬に非常に多く認めます。
基本良性で、ある程度の大きさで成長は止まるので経過観察(手術をしない)ことがほとんどです。
ただし、今回の様に巨大化するケースにおいては、将来運動機能への影響が懸念されるため 、手術を して摘出します。
予後は良好です。