症例報告

症例報告

【ご注意】以下のページには手術中の写真が含まれています。あらかじめご了承の上お進みいただけますようお願い申し上げます。

猫の骨盤骨折

2020.6.18
2歳 雄猫
稟告/世話をしていた猫が動けなくなっていた

○病態
猫は交通事故や落下事故により、この様な骨盤骨折がしばしば起こります。
骨盤骨折は、持続する疼痛や重度の運動機能障害、排便困難による生命の危機など多くの問題をかかえます。
手術による速やかな整復が必須となります。

○症例1
この猫は交通事故による骨盤骨折と思われます。
後躯麻痺の状態で保護され本院に運ばれました。術前は強い痛みの為か、一切の食事も摂りませんでした。

○手術
・離断した右仙腸関節の固定術
・骨折した左腸骨の整復術
・左股関節脱臼における大腿骨頭切除術

○経過
後躯麻痺の改善には一ヶ月以上を要しましたが、現在は機能障害もなく元気に過ごしています。

骨盤骨折