症例報告

症例報告

【ご注意】以下のページには手術中の写真が含まれています。あらかじめご了承の上お進みいただけますようお願い申し上げます。

犬の短頭腫症候群

2019.3.4
6歳6か月令 フレンチブルドッグ
稟告/呼吸困難

短頭腫症候群とは
短頭種気道症候群とは、短頭種(ブルドッグ、ボストンテリア、パグ、シーズー、ペキニーズなど)によく認められ、鼻孔の狭窄、軟口蓋の過長、などにより、気道が狭くなってしまう疾患です。
症状としては、呼吸の雑音、睡眠時の無呼吸、チアノーゼなどあります。
治療方法としては、軽度の場合は減量が有効な場合もありますが、重度の場合は、原因除去のための複合手術(狭窄性鼻孔の切除、過長した軟口蓋の切除)が必要となります。

○症状
重度のいびき。食後の激しいえづき。
鼻呼吸は一切出来ず、強い運動不耐(動くことを極度に嫌がる)。
代償性多血症(酸素の取り込みが正常に行えないため、代償的に血液濃度が濃くなる血液の異常)。

○手術
・鎮静および麻酔時における呼吸の管理を特に慎重に行い、以下の手術を実施した。
(1)軟口蓋過長に対して
過長した軟口蓋を牽引し、半導体レーザーで切除し、縫合した。
(2)鼻孔狭窄に対して
鼻鏡を構成する背外側鼻軟骨をメスで切除し、縫合した。

○経過
いびきは消失。とにかく元気がでて、散歩も喜んで行くようになった。
手術前は、顎を枕の様な物の上に乗せ、伏せ姿勢で眠っていた。
オーナーは症状と気づかず可愛い行動と思っていた。
手術後は鼻呼吸が可能になり自由な姿勢で眠れるようになった。
多血症(血液濃度64%)も正常化(54%に改善)。

短頭腫症候群